アンティーク着物とはどういった着物?

アンティーク着物とは、昭和10年代までの戦前の着物のことを言います。
江戸末期から明治・大正・昭和初期までに作られたもので一番新しいものでも70年以上前に作られたものの事になります。

 

明治の初頭からは日本は生糸の生産や輸出を誇っていた時代でありましたので、着用する着物も絹のものが大量に出回るようになりました。
絹の光沢は木綿や麻とは比較にならず、それが庶民の間でも広く着用されていた時代でありました。

 

この時代の着物はその後あまり着用されなくなり、普段はウール製のものが主流になりました。
絹の着物は高級品の訪問着や付け下げなどが、主流になっていきます。

 

今では、江戸末期のものは、なかなか見かけられなくなってしまいましたが、現代のファッションにも通用するレトロでモダンなデザインのものが多く、価格も手ごろなものも多くあるので、手軽に着物にチャレンジすることができます。
アンティーク着物には可愛いデザインのものが多いので、若い方にも人気が高いです。

 

高額なものでも、新品を仕立てたものに比べ安価に購入することが出来ます。
ですが、アンティーク着物の数が少なくなっている現代において、同じものを作るのは難しく大変な価値があります。

 

譲り受けたものの、好みではなかったり、着ることのない場合は着物買取業者に買取をお願いするのが良いでしょう。
ただし、アンティーク着物の買取をお願いする場合、気を付けたいのがカビなどの汚れです。

 

天然染料は湿気に弱く、カビが付きやすいので、他の着物に移ってしまう事もあったりと、保管の仕方には注意が必要です。
アンティーク着物はキレイな状態であれば高値がつくので、着用しないのであれば、痛みのないうちに買取をしてもらう事で、価格が大幅に変わります。

 

高度な技術と手間がかけられた一点もののアンティーク着物はコレクターも多いので大変価値が高いです。
買取例は大正時代の正絹、絞り、刺繍の振袖で60000円から有名作家の物であれば、80000円からと高値が付くようです。

 

リサイクルショップでは、アンティーク着物の専門知識のない方がほとんどのようですので、着物の買取専門店に依頼するのが良いかと思います。