着物をクリーニングに出した事があるか

着物買取りでは、汚れが目立つ着物よりも汚れていない着物の方が高値がつきます。そのため、高値で買い取ってもらうためには、できるだけ着物を綺麗にしてから査定を受けることが必要になります。着物は家庭では洗濯することができないため、クリーニングに出すことが必要です。
着物のクリーニングでは丸洗いをすることができるため、着物全体がとても綺麗になります。しかし、丸洗いをしてもしみが残ってしまうことがありますので、目立つしみはしみ抜きをしてもらうことが必要です。

 

着物のしみのほとんどは黄ばみが茶色じみですが、しみ抜きをすると、黄ばみや茶色じみを落としてもらえます。
しみ抜きの技術は店によって大きく異なり、店によって技術力に優劣があります。しみ抜きを得意としている店は漂白技術が優れており、大きなシミも綺麗に落とすことができます。
よって、店を選ぶ際には、しみ抜きの技術力が優れている店を選ぶことがポイントです。

 

着物をクリーニングに出す時には料金が必要になりますが、振袖だと10000円から17000円程度の料金がかかります。
着物は他の衣類と比べると手間がかかるため、料金はどうしても割高になってしまいます。
料金は高いですが、高級な着物はクリーニングをするだけで買取価格が高くなるため、料金は高くてもしみや汚れを落として綺麗にしておく方が査定の際には有利です。

 

高級品ではない着物を買い取ってもらう際には、クリーニングに出すかどうかを迷うことがあります。
その場合は事前に簡易査定を受け、大体の買取価格を知っておくとクリーニングに出すかどうかを決めることができます。

 

簡易査定の査定額が低い場合は、クリーニングに出さずにそのまま査定をしてもらう方が良い場合があります。
しかし、振袖や留袖などの高級な着物は汚れていると査定額に大きく響き、1万円以上も損をすることがありますので、高級な着物ほどクリーニングに出すことをお勧めします。