着物の柄行と買取り価格の関係

着物買取りの際、着物の柄行きは査定に影響を及ぼす、重要なポイントの一つです。
先に説明しておきますと、柄行きとは、着物の絵柄のことです。

 

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、着物の柄行きにも、流行り廃りはあります。
もちろん、古くから伝統がある古典柄にはありません。

 

ですが、最近は着物を着ることが少なくなったためか、様々な色柄の着物があります。
そういったものの一部の柄行きは、流行が過ぎると、他の帯や和装品と合わせづらくなることも。

 

ですから、今は流行っている柄でも、あまりに奇抜な柄だと、買取価格は下がってしまいます。
買い取ったあとに転売するまで時間がかかるので、その間に流行が過ぎてしまうためです。

 

逆に言えば、流行りに関係なく、その着物自体に魅力があれば、高く買い取ってもらえます。
年代を問わず需要のある、いわゆる「柄行きが良い」着物や、仕立て直せば人形の衣装や、リメイク着物などに再利用できそうな着物などの他、有名な人が描いたものや、証紙で有名な産地のものと確認ができた場合も、買取価格が高くなります。

 

また、着物には柄行きによって決められる「格」があり、それも着物買取り時の査定価格に影響します。
肩から袖や裾まで柄が通っているもので、袖が長いものは振袖、短いものは訪問着。
紋があり、裾に模様が入っているものは留袖、裾周りに柄が入っているのは附下(つけさげ)、全体的に小さい柄が散りばめられているものは小紋、全く何も模様が入っていないものは色無地と呼ばれます。

 

ほとんどの場合、格の高い礼装着である留袖や振袖の方が、外出着である附下などよりも着物買取り時の価格が高くなりますが、その紋によって査定のときの評価がわかれます。
着物買取りをされる際は、その着物がこれらのうちどれに該当するかの情報を、インターネットの口コミサイト等で調べてみてはいかがでしょうか。

 

もしかすると、タンスに眠っていたその着物は、とても高い価値を持ったものかもしれません。