どれぐらいで一人で着物が着られるようになるの?

日本の伝統衣装である着物は、着ると背筋がピンと伸び自然と所作にも気を配ります。
今グローバルな時代だからこそ、着物の美しさが見直されています。

 

本やDVDも出ていますが、着付を身につけようとすると独学では難しいものです。
親族や知り合いから習えるなら良いですが、そのような環境もだんだんと少なくなりました。
自分一人で着物を着てみたいと思われるなら、着付け教室に通う事をお勧めします。
探してみると東京にも着付け教室がたくさんあります。

 

浴衣でしたら期間は1日で習得できますし、着物の場合も1〜2日で習得できます。
「着物は1〜2日」と言いましたが、それはあくまでも着物を着る工程を覚えられる日数であって、
着物や帯の扱い方に慣れないとなかなか難しいものです。
紐の締め具合、裾の長さ、シワやたるみを伸ばすコツなどは、
何度も練習を重ねる事で覚えていくものですし、自分にとっての心地よい着方が身についてきます。

 

また、着物を着て過ごしてみる事も大切です。
歩く・食べるなどごく普通の日常を過ごすことで、どのような動作に気を配る必要があるのか、
着物を着る時にどこを気をつけるべきかが見えてくると思います。

 

着付け教室では、失敗も含めて様々な経験を積んだ先生方からたくさんアドバイスが頂けます。
着物の着方、帯の結び方だけでなく、季節に適した素材や、TPOに応じた着物や帯の選び方なども
教えてもらえます。
素材や格などと考えると一気に敷居が高くなり難しく思えるかもしれませんが、洋服も同じです。
夏と冬で着る服が違うように、普段着のワンピースと披露宴に出席するワンピースが違うように、
洋服と着物も同じなのです。

 

着物を着ることで、服装の幅が広がります。
また、色々なところに出かけたくなるので趣味や行動範囲も広がります。
東京には着物で行ってみたくなるような楽しいお出かけスポットがたくさんあるので、
休日はおしゃれに着物を着こなしておでかけするのはいかがでしょうか。