振り袖:着物の種類と買取り

着なくなった着物や使わなくなった和装小物などは、できるだけ着物買取の専門店で買い取ってもらっています。
着物買取の専門店では専門知識を持ったプロの鑑定士が査定をしてくれるので、安心して持ち込むことができるのがいいです。

 

着物にはいろいろな種類のものがありますが、買取可能なものと買取できないものがあります。
まず、買取している着物の種類ですが、振り袖、留袖、訪問着、小紋など、大体の着物は買い取ってもらうことができます。

 

ただし、長襦袢などは下着扱いになるので、未使用のもの以外は買い取ってもらうことができないといえます。
振り袖は未婚女性の第一礼装で、成人式で着られることが多いです。成人式用に購入したけれど、もったいないからと取っておいた振り袖を、使う機会もなくなったので、ということで売る方がたくさんいます。

 

振り袖はいろいろな柄や色のものがあるので、買取をするときにも鑑定士がしっかりと査定をしてくれるお店を探すことが大切です。
振袖は晴れの装いの着物のなかでも価値の高いものも多いので高額査定を期待することができるものもあります。

 

着物はリサイクルショップでも買い取ってくれるお店がありますが、できるだけ着物を専門に扱っている買取店に持ち込むようしたほうがいいです。

 

リサイクルショップでは着物の価値をネットなどの相場を参考にして買い取り価格を決めてしまい、本来ならもっと値打ちがあるものを安く見積もられてしまうこと可能性もあります。
そのようなことにならないためにも、着物買取の専門店へ持ち込むようにすることをおすすめします。

 

また、着物買取の専門店では、無料で自宅に出張してきてくれたり、送料無料で宅配査定をしてもらうこともできるのでとても便利です。
せっかくの振り袖を買い取ってもらうのなら、その品物にあった金額で買い取ってほしいものです。

 

だからこそ着物の専門的な知識を持っている鑑定士がいる着物買取の専門店に持ち込むようにしています。