着物の色合いと買取り価格の関係

着物買取にはいろいろな査定基準があります。その中には色合いもあります。では買取価格にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

・着物買取りと色合いの関係
 着物の買取りをしてもらう上で気になるのは傷であったりシミなどです。
着物を売る時には購入してからだいぶたっているものあり、傷やシミなどは業者も気を付けてチェックしています。

 

 ですが着物買取の際に業者が確認するのは色合いもあります。洋服やバッグのように着物にも流行りがあります。
年代によりよく出てくる色合いが違います。

 

例えば光沢が強くてパステルカラーのものは昔の色合いの一つに挙げられます。
 今でもある色合いですが、比較すると光沢や色合いが若干違います。

 

古い年代の色合いの着物は買取してもらう時に、着物に最適な桐たんすにしまい、綺麗な状態で保管されているものであっても、相場よりも価格が低い事があります。
また買取をしてもらえない事もあります。

 

 もし、古い着物を売ってお金に換えたいのなら古い着物を積極的に買取りしている店を見つける事が大事です。

 

お店の中には最近作られたものしか買取りしない店もあります。

 

しかし、生地の状態が良ければ古い着物でも買取りしてくれる所が多いです。

 

 色を限定して着物買取りしている業者は普通は無いです。

 

しかし振袖、訪問着、友禅や帯をはじめとしたいろいろな種類の和装品の買取りをしている業者、あるいはレンタルサービスもしている業者を選ぶ方が安心でしょう。

 

 着物買取り業者の中には古い色柄でも染め直して売っている所もあります。
古い色柄は問題にならずに生地の状態が良ければ買取査定の評価が高い所もあるのです。
業者にはいろいろあります。それぞれに強みしている事が違います。

 

 ですからたくさんある買取業者を比較検討してみるといいでしょう。
サービス内容やその業者の特徴や強みを把握できれば、着物の価値を最大限に高める事ができます。

 

対応も良くて一番高く買い取ってくれる業者を選びましょう。