色無地:着物の種類と買取り

色無地とは数ある着物の中でも最も汎用性の高い様々な場面で使える着物になります。
例えば家紋を入れれば訪問着と同じ扱いになりますし、家紋が無ければ小紋として普段着にする事もできます。

 

また黒い帯を締めれば略式の喪服になりますので、非常に幅広い用途で着用される着物になっています。
なので着物買取専門店での需要も高く、多くの買取専門店で買取可能な着物とされています。

 

ただしその査定額には幅が生じていて、相場よりも高く売れる事もあればほとんど価値がないと判断されるケースもあります。
これは主に着物の状態がポイントになっていて、色無地は汚れが目立ちやすいですし色の変化やカビなども発生しやすくなっています。

 

したがって色無地の着物を売却する際には、日頃からキチンと手入れをしておく事が重要になります。

 

風通しして湿気を取り除いたり、着用したら汚れやホコリをすぐに落とすなどして可能な限り綺麗な状態を維持しておく必要があります。

 

また色無地だけを売却するのではなく、襦袢や帯などセットになっている物も一緒に持っていく事がポイントになります。
これはバラバラで販売するよりもセットで販売した方が売れやすい事が理由になっていて、一定の利益が見込めるセットの着物は高額で買い取ってもらえる事があります。

 

さらに、着物自体の価値も大きなカギになります。例えば老舗の呉服屋で仕立てられた着物は高額で買い取ってもらいやすくなりますし、高名な着物作家が手掛けた着物も価値が高くなります。

 

なお、このような価値のある着物も汚れたり破損していた時には価値が下がってしまいます。
なので日頃からキチンと手入れをしておく事が重要になりますし、自分で落とせない汚れなどはクリーニング店を利用して綺麗にする必要があります。

 

ただしこの場合は必ず着物専門のクリーニング店を利用する事が重要で、特に色無地の着物は一般のクリーニングだと色が移ってしまったり色落ちしたりなどの可能性が高くなります。