色留袖:着物の種類と買取り

色留袖は非常に格式の高い着物として知られ、正装としても着ることができます。
明るい色彩なので若い女性でも着やすいのが特徴です。

 

しかし、その格式の高さからなかなか着る機会がないという方も珍しくありません。
そこで着物買取に出すという判断はいかがでしょうか。

 

色留袖の中には紋が付いているものもあります。紋はいわゆる家紋なのですが、着物であれば紋が付いていても売ることができます。

 

古着の場合は紋付きだと売れないこともありますが、着物の場合は問題がなく、やや扱いが異なるので注意しておきましょう。
紋の数はその色留袖の格、ステータスを表しています。

 

5つ紋は最上級の格を表すので相当な査定価格を期待できます。

 

では紋が少ない着物だと安値で買い取られてしまうのかというと決してそんなことはありません。

 

紋の数が少ないということはそれだけ普段使い向けであることになります。
普段使いの色留袖にも一定の需要があるので、結果的に買取価格が高くなることもあります。

 

それ以上に査定金額に多く影響するのは買取店の選び方です。
着物を査定してくれるお店は呉服店などの着物屋さんやリサイクルショップなどがあります。

 

着物の買取において大切なのは査定を行う方がプロであることです。

 

色留袖の価値は素人が見極めるのが難しく、想定以上に安くなってしまうこともあります。
正しく査定された上で安いのは仕方がないですが、着物の価値を見抜かれずに安く買い取られてしまうのは非常に勿体無いです。

 

そのため、出来れば着物に詳しい方がいらっしゃるところに売りに行くのが良いと言えます。

 

しかし、あまりに遠くの買取店まで着物を持っていくのはなかなか手間がかかります。

 

そこで最近増えているインターネット上の着物買取店に査定を依頼するのもお勧めです。
その際には出張査定してもらうとより一層便利です。

 

買取店を選ぶときはインターネットの口コミを事前にチェックしておくことも非常に有効です。