高く売れない着物とは?:カビがひどい

自宅にある着用しなくなった着物の処分の方法に困っているという人がたくさん居ます。
日常的に着用する機会がある場合は、自宅に着物があっても困ることはありませんが、特別なイベントの時にしか着用することが無い場合は、自宅に保管しておく必要が無いと考える人が多いです。

 

着物を手入れを怠ってしまうと、生地や装飾がすぐに劣化してしまうので、保管をしておく場合は定期的に適切な方法で手入れをしなければなりません。
着用しなくなった着物の処分の方法として、最近注目されているのが着物買取りを利用するという方法です。

 

着物に関する専門的な知識を持ったスタッフが査定をしてくれるので、価値がある着物であれば高価買取をしてもらう事が可能です。

 

着物買取りを行っている業者に依頼をすれば、どのような着物でも買い取ってもらえると思う人が多いですが、実際には買い取ってもらう事が出来ない着物もあるので、着物買取りを依頼する前に確認をしておかなければなりません。

 

買い取ってもらう事が出来ない着物はいくつかありますが、その中で最も買い取ってもらえる可能性が低いのはカビが付着している着物です。

 

長い間手入れをすることなく箪笥やクローゼットに入れたままにしておくとカビが発生してしまいます。
湿気の多い時期は特にカビが発生してしまいやすいので、手入れを怠らないようにしなければなりません。

 

カビが表面に付着しているだけであれば、クリーニングなどを利用することで取り除くことが出来ますが、着物の内側までカビによる汚れが広がっている場合はクリーニングを利用しても取り除くことは難しいです。

 

着物は見た目の美しさが重要なので、カビによる汚れがひどい場合は買い取ってもらう事が出来ません。
着物買取りを行っている業者によっては、買取りできない着物についての情報を公開している場合があるのであらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

着物を高価買取してもらう為に、カビを防止するための手入れを怠らないようにしましょう。