高く売れない着物とは?:傷がひどい

着物買取りは、査定がゼロのものから高額な値が付いたりと買取りの査定には差があります。
一般的な査定のポイントは、着物の質、着物の状態、着物の種類、サイズ、有名作家もしくはブランド、デザイン性、証紙の有無を中心に値が付けられます。

 

特に売る側にとって重要な事が、着物保管状態にあります。例えば、汚れやシミ、シワ、傷や穴、カビなどはどれも査定する上では致命的になってしまいます。
時には素材以上に重要になポイントになります。

 

どうしても着物はデリケートな素材で作られており、日頃からの手入れや保管がとても大切になります。
日本は、湿度が高いので湿度管理に失敗すると、たちまちカビが生えます。

 

また、虫が好む生地を素材としているため、防虫対策を怠ると虫による穴が出来てしまいます。
また、過去に着用した時に汗染みが残っていると、そのまま汚れの原因となります。着物はアイロンがけをできないため、綺麗にたたんで保管しておかないとシワの原因になります。

 

例えばですが、着物は正絹が多ければ多いほど高額になり、それが有名作家や著名人が手掛けたものなら高額査定になります。
また、着物の産地も重要で人間国宝が仕立てた着物を証明する証紙があれば、着物買取りでは高額査定になります。

 

しかし、せっかくこの様な高級着物を所持していても、上述した通り傷や汚れ、シワやカビがある着物は全く値が付かない場合もあるのです。
もちろん、着物の傷や虫食穴の修復をする専門店や、リメイク専門の業者もありますが、仮に傷や虫食いの修復を行い着物買取りに出しても、手出し部分の方が多くなるため、結果費用としてはマイナスになります。

 

リメイク専門店に依頼しても同様の事が言えます。
但し、元々の着物が高級である場合は、修復して着物買取り店へ出してもプラスになる可能性はあります。

 

まずは、着物に傷がない場合の査定額を把握し、修復してもマイナスにならない程度なら買取りして頂いた方が良いです。