小紋:着物の種類と買取り

小紋は、普段着として使われることが多い着物で、新品の時から高価な着物ではありません。

 

しかし、着物買取りの専門業者に査定を依頼してくる多くの着物には小紋が大変多く含まれています。
着物買取りの専門業者のお店以外のリサイクルショップでは、普段着に使われることが多い小紋では、査定価格が付かなかったり、大変低い査定額しか出ないことがほとんどです。

 

このような場合、この着物のデザインは人気のあるものだからなどのように、専門店では他では値段のつかない着物であっても、専門店にしか分からない情報を参考にしながら査定を行ってくれ、リサイクルショップなどで値段が付かなかった着物でも値段が付くことがあります。

 

小紋は、着物全体に様々な模様が描かれている着物のことで、中には希少性の高くなる手書きで描かれた小紋もあります。
この着物の特徴は、よそ行きの時にも使うことができるものや、毎日着ることができる普段着のようなものもまであります。

 

小紋といっても、その種類は多く、種類によって着物買取りの専門業者が出す査定価格も大きく開きがでてきます。
未使用の新品の沖縄の紅型や、たくさんの色を使った京都の伝統工芸品の京小紋などの高級品とされるものであれば10,000円から15,000円程度の査定価格が付くことがあります。

 

また、これらの高級品であっても中古品の時には、着物の状態にもよりますが、程度の良いものでも数千円程度の査定価格で、着物の状態が悪いものでは数百円程度の査定価格か、値段が付かないようなこともあります。

 

着物買取り専門業者で高い査定価格を期待する場合には、普段からの着物のお手入れが重要になってきます。

 

シミや傷が付かないようし、着用した後は湿気を取るために陰干しや虫干しをし、カビが発生しないように除湿シートを一緒に入れえ対策をする必要があります。
着物買取りの専門業者では、リサイクルショップなどでは価格が付かないような着物でもしっかり査定をしてくれ、高い査定価格が付くこともあります。

 

着物の査定は無料で行ってくれるので、良く分からない時などは査定を依頼することをおすすめします。