着物のサイズが大きいか

着物買取りを上手く利用したい時には、覚えておくと良いポイントがいくつもあります。
その中の1つが、着物のサイズに関することです。

 

一言で言いますと、着物のサイズが適度に大きいということが、着物買取りの査定で良く評価されるポイントとなるのです。
これはどういうことかというと、転売のしやすさというのが関係してきているのです。

 

着物というのは、着る人の体に合わせて作られていますから、転売するのが難しい品物なのです。
小柄な人が着ている着物ですと、どう考えてもサイズを大きくするということはできませんから、転売しづらくなってしまうのは必然と言えます。

 

着物買取りを行う業者は、買い取った着物を転売していきますから、転売のしにくい着物というのは、評価が下がってしまうわけです。
ただし、このサイズの問題については例外があるので、それを覚えておくと良いものです。

 

小柄な人の体の大きさに合わせて、反物を裁断して仕立てている場合には、後から大きくしたくてもできませんが、縫い代を多めにとって、小柄な体に合うように仕立てるという方法もあり、この方法であれば、この問題をクリアできます。
縫い代が多めにとってあるということは、一度着物を解いて反物に戻した後に、体の大きな人に合わせて仕立て直すことができるということになります。

 

つまり、小柄な人以外も着ることができるようになるため、需要が広がると言えるわけです。
これであれば、着物買取りを行う業者としては、転売しやすくなり助かるものです。

 

着物買取りの世界では、こういったサイズに関する事情がありますので、実際にこういった縫い代が多めにとってあり、再利用しやすい着物を持っていて、着物買取り業者に査定してもらう時には、そのことをアピールしておくと良いでしょう。

 

着物買取りを利用する時には、業者選びも重要ですが、こういった着物という独特な品物ならではのポイントを押さえておくことも重要と言えます。