着物の買取り価格の相場

昔の着物がタンスにしまったままになっている人や、祖母から譲りうけて着ていない着物を保管したままにしている人も多いでしょう。
いざお金に困った時に、着物を売ることで高価な着物なら、着物買取りに出すことで、思わぬ臨時収入になることもあります。

 

相場を覚えておくと便利です。昔は、着物も高く買い取ってもらえる専門店や、質屋もありましたが、最近は、着物を着る人も減り、需要も低くなった傾向が高いです。

 

買取の業界でも取引しても、比較的安い値段でやりとりすることになるので、高く買い取ってもらえることが少なくなった傾向にあります。
昔は、数百万円で買い物を買ったという人も、着物の買取に出すと、振袖や、訪問着の着物買取り相場は、数千円から数万円です。

 

初めて着物を買取に出す人は、値段を聞いてびっくりする人も多いです。
買い取ってもらう時に相場を把握しておくことで、着物の価値に対しての買取り相場を査定してもらった時に、低い値段でも売ることができるかを決めておくことができます。

 

高く買い取ってもらえれば、そのまま売る人もいるでしょう。
相場が思った以上に低かった場合は、大事な着物を買い取ってもらうかをよく考えてから売るようにしましょう。

 

着物は、保存状態が良くて、キレイであればあるほど、買取りの値段も高くなります。
カビや、シミがつきやすいので、着物をタンスに保管している人は、年に1回から2回、天気の良い日に、虫干しするようにしましょう。

 

一度ついてしまったカビや、汚れがついていると、着物の買取りの値段が下がります。

 

着物は、洋服と違い、シミやカビが生えると、落とすことが難しいです。
塗料を使っていたり、こまかい絵柄が入っているので、専門の業者に染み抜きを頼むことになります。

 

手間や、クリーニング代も含めると、着物の管理は、とても大切です。
染み抜きに出した値段のほうが買取り価格より、高くなることもあるので、着物買取の場合は、よく考えてから売るようにしましょう。

 

着物買取り専門店によって、値段も違うので、比較することも大切です。