着物の素材と買取価格の関係とは?

着物をたくさん処分したいと思ったときには、着物買取の専門店を利用しています。
着物買取の専門店には着物の専門的な知識を持ったプロの鑑定士がいます。

 

なので、持ち込んだ着物をひとつひとつ丁寧に査定をして、その品物にあった金額を提示してくれます。
着物買取の専門店では、その着物の素材も買取価格に関係があります。

 

着物買取の専門店で買い取ってくれる着物の素材は、正絹です。
正絹とは、絹100パーセントで作った生地のことで、着物のなかでも高級な生地のひとつだといえます。

 

逆に着物買取の専門店では買い取ることができない、買い取ってもらえない素材の生地はどんなものなのかというと、化学繊維、ウール、ポリエステルなどの生地です。
これらは着物買取の専門店では買い取ってもらうことができない場合が多いです。

 

まれに買い取ってくれるお店などもありますが、とても安い価格になってしまうと考えておくといいです。
着物の素材はいろいろなものがありますが、正絹の生地のものかどうかをしっかりと確認しておくことが大切です。

 

着物には証紙というものがあります。証紙とは、その着物がどこの産地の生地で作られているのか、誰が作者なのか、どんな素材のものなのか、などが書いてある紙のことです。
簡単にいうと、着物の身分証明書のようなものです。

 

この証紙があるかどうかということで着物の買取価格が少し違ってきます。
また、着物はきちんとお手入れをしてから持ち込むようにすることが大切です。

 

着物をお手入れしておくだけで着物の生地をきれいな状態に保っておくことができます。
お手入れの方法は基本的に同じです。着物を着物用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところに一晩吊るしておきます。

 

そうすることで、着物の生地について湿気などを取り除くことができるようになります。
一晩吊るしておくことができないの場合は、風通しのよい日陰で2時間から3時間ほど虫干ししておくようにするといいです。