付下げ:着物の種類と買取り

付下げとは訪問着に準ずる着物として幅広い用途で着用されています。
なので非常に需要が高く多くの着物買取専門店で買取可能な着物になっています。

 

しかしどのような付下げでも売却できるのではなく、高額で買い取ってもらう為には押さえておくべきポイントが存在しています。
まず付下げの状態に関してですが、これはもちろん綺麗な状態の方が高く売れるようになっています。

 

なので日頃からキチンと手入れをしておく事が重要になっていて、湿気を取り除いたりホコリなどを払い落して保管しておく事がカギになります。
また付下げは普段着として着用されるケースも多いので、汚れなどにも注意が必要になります。

 

例えばコーヒーなど飲み物ののシミや食べ物のソースなどがついてしまった時にはできるだけ早く落してしまう必要があります。
なお、最近ではクリーニング店に出してから売却する方が多くなっています。

 

ただこの時には必ず着物専門のクリーニング店を利用する事が重要になっていて、一般的なクリーニング店の場合は生地が縮んでしまったり破れてしまったりなど逆に価値が下がってしまう可能性があります。
次にポイントになるのが着物の由来になります。この場合はどこの呉服店で仕立てられたかなどが重要になっていて、老舗の呉服屋で仕立てられた着物は価値が高くなる傾向が見られます。

 

また有名な着物作家の手による物も高額になる傾向が見られますので、そのような着物の場合は証明書などをつけておく事がポイントになっています。
さらに付下げだけではなく、襦袢や帯などセットになっている物も揃っていると高額の査定がなされるとされています。こちらはセットで販売できる事が理由になっていて、着物と襦袢と帯などをバラバラ販売するよりも売れやすいので小物などがセットになっていると高値がつきやすくなっています。

 

また、上記のような老舗の呉服屋で仕立てられた着物などは一纏めにして初めて価値が出ると言ったケースもあります。