高く売れない着物とは?:ポリエステルの着物

着なくなった着物、帯や和装小物などは、着物買取の専門店へ持ち込むようにしています。
着物買取の専門店ではいろいろな着物を買い取っていますが、そのなかでも買い取ることができない素材のものや買い取ってもらえても査定金額がとても低いものなどもあるといいます。

 

たとえば、高額査定になりやすい素材の生地というと、正絹の生地があります。
正絹というのは100パーセント絹でできた生地のことで、高級な着物などで使われています。

 

それとは対照的に査定が低いものはなんなのかというと、ポリエステルや化学繊維でできた生地です。
着物買取での査定額は、専門知識を持ったプロの鑑定士が行います。

 

なので、どんな生地でも必ず買い取ってもらうことができるのか、というとそれは間違いです。
専門知識を持っていないスタッフが多いリサイクルショップなどでも正絹の生地以外のものは買い取ってくれないところもあります。

 

なので、ポリエステルの生地を使って作られた着物はもし買い取ってもらえたとしても少額での買取になると考えるといいです。
また、着物買取の専門店ではその季節にあった生地や柄、色などのものを買い取ってくれます。

 

もちろん、その季節以外のものも買い取ってはくれますが、その季節に着ることができるもののほうが高額になる可能性が高いです。
着物買取の専門店で高額査定を期待したいときには、必ず正絹の生地の着物を持ち込むようにしておきます。

 

また、できれば帯や和装小物などと一緒に持ち込むことで高額査定を期待することができるようになるといいます。
もちろん、きれいな状態にした着物と帯や和装小物であることが条件ですが、セットで持ち込むことで多少査定金額がアップすることはあるので、一度持ち込んでみるのもいいです。

 

着物買取の専門店ではポリエステルの着物と正絹の着物では、まったく買取価格が違うので、持ち込むときには事前にしっかりと生地の素材を確認しておくことが大切です。