高く売れない着物とは?:ウールの着物編

着物買取りをお願いする場合には、その素材が重要な要素となってきます。
着物や反物のの素材によって、買い取り額が大きく変わってきますので、買取をお願いしようと考えていらっしゃる方は、事前に素材のチェックをしておいた方が良いでしょう。

 

基本的には、絹で織られた着物が最も高額で査定され、古いものであっても値段が付くような着物は絹製の物になります。
絹の中でも、正絹の着物であることと、有名作家による着物、織り方が丹後縮棉などの有名な物であると、高値が付けられる場合が多いです。

 

一方で、絹以外の素材、例えばウールや化繊が使われているものは、普段着に着用される安価な着物であるため、アンティーク着物とは違い、古いものほど価値が低くなり、着物の状態によっては値段をつけて貰えない事も少なくありません。

 

ただし、ウールや化繊であっても、新しいものであれば売れる事も多くありますし、よく手入れがされてあり、新品に近ければ近いものであるほど、査定金額は高くなるでしょう。
しかしながら、絹の着物でなければ、基本的に金額はあまり高額にはならないでしょう。

 

では、買い取りして貰えない着物にはどんな物があるのかを、ご説明したいと思います。
まず、ニオイの酷いものはカビがなくても買取不可となる場合があります。

 

ニオイにはカビや防虫剤とニオイ、他に汗やたばこ、香水の匂いもクリーニングに出す必要があるため、販売価格よりも手間がかかると判断されたものは買い取りして貰えません。
着物の買取条件としては絹であることが第一の条件ですが、ウールや化繊の着物であっても、人気の高いブランド品であったり、価値が高いと判断された着物であれば、買い取り可能になる可能性が高くなります。

 

また、着物の素材にはこだわらないという着物の買取店もあり、ネットで公式サイトを持っている着物の買取店もありますので、そちらでお調べになるか、買取店に直接お尋ねになってみてはいかがでしょうか